くまの参議院議員に同席して頂き、国政へ陳情

昨日は、大東市公明党議員団と自民党翔政会の2会派で、国政へ陳情を行いました。 この陳情に翔政会より、北村哲夫議長、中村ゆうこ幹事長、自民党大阪12区北川晋平支部長が参加。 公明党からは、酒井一樹副議長、杉本美雪議員、東健太郎議員、私、大束の合計7名です。 最初に財務省を訪問、岡本三成副大臣に大東市のインフラ整備について、コロナ禍においての臨時交付金拡充等、財政措置を要望しました。 その後、国土交通省を訪問し、吉岡技監に河川氾濫を防ぐ内水排除ポンプの改修や、連続立体交差で踏み切りの解消等、要望を行いました。 この訪問に際し、熊野正士参議院に同席していただきました。 いずれも、大東市の重要かつ喫緊の課題について、要望する事が出来ました。 先ごろ大東市公明党議員団で2022年度予算要望書を提出しましたが、重点要望にこの内容も掲載させて頂いています。 今後においても、市政、府政、国政のネットワークを活用し、課題解決に邁進してまいりたいと思います。

大東市議会公明党Official site
LINE でのシェアをよろしくお願いいたします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

メニュー