平成26年度予算要望書を東坂大東市長に提出いたしました!

2013年11月19日

平成25年11月19日(火)大東市公明党議員団(寺坂修一幹事長、大谷真司議員、大束真司議員、酒井一樹議員)は、大東市が平成26年度予算に盛り込むべきである事業内容をまとめ、東坂浩一大東市長に提出しました。『新しい大東市の街づくりビジョン』と題し、3つの重点政策《①教育の街大東②防災・防犯安心のまち大東③子育て・高齢者に優しい街大東》を根幹として、15項目の特に推進すべき重点要望を掲げ、各部署に対し272項目に及ぶ要望書となっています。大東市公明党として大東市の魅力を発信する施策や、防災や減災、避難所の充実と非構造物の耐震化、ゲリラ豪雨への対応など、提案型の要望書となっています。大東市が抱える課題に具体的な政策と事業内容を示し、公明党が市政をリードして行く決意を込めた宣言書とも言えます。これからも、『調査なくして発言無し』『現場第一主義』に徹して参ります。

P1020025

【東坂浩一大東市長に平成26年度予算要望書を手渡す大東市公明党議員団。左から酒井一樹議員、寺坂修一幹事長、東坂浩一大東市長、大谷真司副議長、大束真司議員】

Copyright© 2011-2018 大東市公明党議員団