地車(だんじり)祭りが大東各地域で賑やかに開催

2012年10月22日

実りの秋の収穫を願い、五穀豊穣を祈願した祭が起源となっている大東だんじり祭りが、市内各地域で盛大に開催されました。10月14日は、南郷まつり、住道だんじり祭(住道三箇地域)が行われました。10月21日には、住道だんじり祭(住道四区)四条ふるさと祭、南大東連合会のパレードまつりが行われました。曳き手の方々など色鮮やかな地域独自の法被をまとい、威勢のいい掛け声を発しながら、朝早くから夕刻まで見事な呼吸で曳行されていました。祭りの前日には宵宮と呼ばれる前夜祭を開催する地域もあり、趣向を凝らした出し物や、カラオケ大会を行う地域、また数百年以上の歴史をもつ”にわか芝居”を行う地域など、伝統の文化を現在まで伝え抜いて来られた地域の方々の努力に敬意を表します。とりわけ、子供たちや若い世代が元気に曳行をリードする姿は、大変頼もしく感じます。いずれか大東市内33台の地車が勢ぞろいした勇壮な場面が見られたら素晴らしいですね。

IMGP0291 IMGP0293

御領地域伝統の”にわか芝居”を行う地元の青年団のお兄さんたち。 子供達もあこがれの眼で?大爆笑でした。地元では「男芝居」と呼ばれています。その時々の時事問題を風刺された内容がふんだんに入っており、大人も十分楽しめました。

IMGP0294 IMGP0299

上は住道四区、泉公園に集結した地車たち。 下は四条ふるさと祭りで野崎参道に集結するため曳行されてきた辻之町の巨大な地車。9台の地車の縦列は圧巻です。

IMGP0297 

市長、議長と共に大東市公明党議員団が地車の前で記念撮影。地域の伝統をさらに豊かな発想と斬新なイメージで大東市のまちづくりに生かして行きたいと決意も新たに。

Copyright© 2011 大東市公明党議員団 累計: 本日: 昨日: