待機児童解消へ 小規模保育を視察

2016年8月30日

DSCN1127

平成28年8月30日、大東市公明党議員団は、小規模保育を運営する聖心保育園分園を視察しました。現在大東市の保育園の待機児童数は40名です。特に保育士の人数が必要な0歳児から2歳児の待機が多く小規模保育によって少しでもその解消になってほしいと思います。聖心保育園分園はA型を採用。18人受け入れ可能ですべて保育士が入っています。中には70代の保育士もおられ長年の経験が生かされています。

IMG_0820

介護施設と併用の建物ですが、しっかり階と部屋で区切られています。その他2園の保育園も運営されており保育士の確保は安心です。これから、B型さらにはC型の施設も出てくる可能性がありますが、保育士の採用と研修を受けた一般採用の方などの採用も現実に考えていかなければなりません。

IMG_0822

園庭は小さな庭のような敷地です。近くには広い園庭を持つ子育て支援センターがあり、そちらとの連携で園児を遊ばせることも考察中です。

Copyright© 2011-2018 大東市公明党議員団